読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モタードいろいろ

趣味のオートバイク

 ひさびさに250ccクラスの国産オートバイのラインナップを見て驚いた。
 スクーター以外は、ほとんど廃盤になっていて、なんともさびしいラインナップ。
 ホンダがロングセラーの定番オフ車XR250を廃盤にしたのを見て、時代の変化を痛感した。走れる未舗装林道なんて、ほんと少なくなったもんね。


 しかし各車ともにモタードはラインナップにあげている。
 モタードなんて、一部のマニアがオフ車を改造していた頃しか知らないので、これまた時代を感じた。


 でも各社さまざまで、おもしろい。
 ヤマハのモタードの本気度はかなり感激。値段はびっくり。
 ホンダのモタードの弱腰姿勢にはびっくり。
 カワサキのモタードのカタログ公称馬力の低さとカッコ悪さもびっくり。
 ん? スズキのモタードは400ccなのね。


 カッコ悪いといいつつ、それは昔の阪神ファンのごとく、カワサキへの屈折した愛情。
 カタログ値ほどパワーは低くはないらしいし、エンジンのダサカッコよさは、KLX250で「闘う4スト(当時のコピーです)」した人間には、たまらんものがあります。
 しかし変に若者に媚びたスタイルじゃなくて、やっぱりグリーンでどどーんと「Kawasaki」と入れてほしい。
 と思ったら、KLXの闘う4ストっぽいシュラウドがぽん付けで付きそうなので、シミュレーションしてみた。(写真)