読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RV125 リヤトランク取付

  • 2/8 リヤトランク(リヤボックス・リヤケース)取付(1,600km)

 46リットルのGIVI社製ボックス装着。



 合わせて純正オプションのハイマウントストップランプキットとバックレスト(後部座席の背もたれ)も。


[rakuten:setup:701211:detail]
 ハイマウントストップランプは専用品ながら、配線のためケースに穴を開けたりの加工が必要。バックレストはパッセンジャーには好評だが、乗り位置が前になり、大柄な人を乗せるには窮屈かもしれない。
 ボックスの取付にあたっては、純正のハイマウントストップランプつきのカッコいいテールウィングを犠牲にしなければならないのが残念。ウィングをはずしたボルト穴を利用して、ポン付けの専用リヤキャリアをつける。
[rakuten:twintrade:10000083:detail]

  • 2/10 ウェイトローラー交換

 加速をよくしようと純正ローラーをKITACO社製(11g)に交換。
 しかし加速が遅くなった。
 おかしいと思って純正ローラーの重量を計測してみると約10.5g。遅くなるわけだ。純正ローラーは12gと、インターネットの各種データには出ていたが、後期型は最初から加速重視の軽量ローラーが入っていたらしい。即、元に戻す。

  • 3/8 オイル交換(1,970km)

 オイルはそれほど汚れていなかったが、今後も1,000kmごとのオイル交換でいこうと思う。
 オイル交換を待つあいだ、レッドバロン店内でオートバイ調査。今のスクーターよりも心に響くオートバイはなし。またがってみたくなったのは、ドカティとハーレーとスーパーカブぐらいか。
 気になるはずの250ccスクーターはどれも心に響かず。
 ちょうどマジェスティ125FIが入荷していたので、じっくりまたがってみた。マジェ乗りの人には申し訳ないが、いたるところで質感が低く感じられた。子マジェのロー&ロングなスタイルは旅心を誘うが、実際にまたがるとすきま風が吹いてきそうなコクピットまわりは、頼もしい相棒というイメージからは遠い。いつもホットな気分にさせられるRV125FIが子マジェの後塵を拝しているのは、やはり「マジェスティ」のブランド力と、いかにもマジェスティらしい落ち着いたスタイリングゆえか。