読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TTクライマー

走る

 三ヶ月ぶりに箱根チャリ登坂。旧道で芦ノ湖を経て大涌谷経由の45キロ。
 サーベロP3カーボンというTTバイクでの登坂はじつに1年ぶり。
 例年、この時期は1週間に3〜4回は箱根登坂をしていたが、サーベロでクルマと正面衝突してからというもの、ほとんど公道は走らなくなってしまった。
 箱根をP3カーボンのようなTT(タイムトライアル)バイクでディスクホイールをガオガオ唸らせながら登坂するのは愉悦である。
 これまではP3+ディスクホイールといういかにもTTなパッケージに、山岳用のコンパクトクランクとロード用のデュアルコントロールレバーをコンポーネントするというヒネリ技で「入門版TTクライマー」を実践提唱してきたわけだが、ここ1年で重いギヤを踏めるようになってきたことから、コンパクトクランクとデュアルコントロールレバーを廃止した「中級版TTクライマー」仕様へと変更しての登坂である。それじゃあ上級版TTクライマーは何かって? もちろんシングルギヤのトラックレーサーでしょう。(右上写真:日本代表選手)