読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

娘の初ヒルクライム(動画)

走る

第1回の開催となるスーパーヒルクライム箱根。
自動車専用道路でふだんは自転車や歩行者の入れないコース。
今回は、ヒルクライム初参加の中1の娘が単独でエントリー。
スタート地点は家から1kmなんですが、自動車専用道路のため、応援の人はコース内はおろかスタート地点にも立ち入ることはできません。(ゴール地点のみ、立ち入り可能。ただしクルマでの入場は無理)
コース内に入るには、ゴール側の大観山から選手同乗の車両で入場するのが唯一の方法。
コースの全貌を、伴走ランニングで収録しました。
箱根ヒルクライムは娘にとって初の大きなチャレンジであると同時に、私にとってもターンパイクをランニングで挑む初めての人類という壮大なチャレンジでありました。最大の難関は、警備員に制止されないで走りきれるかどうか、ということですが。
※後日、大会実行委員のかたから「伴走は禁止です」との連絡をいただきました。来年以降の大会では、大会運営に支障が出るおそれがありますので、伴走はなさらないよう私からもお願いいたします。


家から見たターンパイクのスタート地点。のぼりが立っているのが見えます。ひとつ上を平行している道はホームコースの石垣山。
こんなに近いのに、わざわざ箱根をのぼって15km離れたゴール側から入るしかありません。


選手および同乗者車両だけがコース内に入場可能。
スタート地点から1.6km上からコース内に一列で縦列駐車。車列はおよそ4kmにおよびました。





佐渡国際トライアスロンにつづき、またしても、かがみさんに会いました。ゴール地点にて。かがみさんは、チームの応援のために自宅から自走できたそうです。