読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後の宿場「大津」へ(バトルツアー東海道五十三次)

東海道53次走覇

【52】草津宿滋賀県草津市
近江富士を眺めながら進みます。


民家のなかに、迫力のある建物が見えてきました。

和中散本舗の重厚な建物。


農家のトラクターも走るのどかな道の曲がり角に茶屋がありました。


トウカイダーも歩いています。


草津の市街地に入ると、中山道との分岐点がありました。


草津名物「うばがもちや」は国道沿いにあります。


草津宿は現在の草津駅の西側にありました。





東海道の旧道もこのへんはアーケード。




【53】大津宿へ滋賀県大津市
草津から大津へはおよそ15kmほどの行程です。


野路の一里塚は旧街道と国道とが交差するあたりにありました。


看板をよく見ないと、旧街道への入口を見落としてしまいそう。


野路の玉川跡を経て、


弁天池へ。



このあとはしばらく住宅地のなかを進むと、宇治川にぶつかります。
ここが「天下を制する」瀬田の唐橋






瀬田の唐橋を渡ると、琵琶湖に沿って北上します。閑静な古い街並みがいい雰囲気ですが、ルートがとにかく複雑。しかし案内板が要所要所に立っているので、注意深く進めばだいじょうぶ。


宅地のなかをかわいらしい地方鉄道が。東海道ルートは何度もこの線路とクロスしていて、そのたびに踏切を渡ります。


大津は紅葉と湖に囲まれた美しい町でした。




ゴールの京都三条大橋まで、あとひとつ。
そういえば、東海道チャレンジ中のエボルタ君が今日、大津までたどり着いたそうです。