読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマーキャンプ(1)

こやりの日記

もう少しで.....うーむあと2時間、いや1時間半というとこか.......
おじいちゃん家で出発の時を待つkoyari。時刻は夜中の1時半。もちろんだーれも起きてません。
唯一の友として黒柴のマリちゃんが起きるための支え。


そう、10日におじいちゃん家へ行き→11日キャンプ場へという予定なので、今はただ出発を待つのみ。
出発時刻予定はAM3時。おじいちゃん家へ行くまでの道で車の中でグッスリ寝ておいたので、なーんとか夜中までこらえそうと必死に録画しておいてもらった映画やアニメを見ては目をパッチリ開けておく......これも言えば修行!! でもそんな心の支えのマリちゃんがついにウトウト......そして待ち構えた3時になりました!
「マリ!起きて〜!(小さく叫ぶ、夜なので)ほらほら、おじいはん起こしに行くよ」
1人で階段を登って真っ暗な廊下を歩きおじいちゃんを起こしに行く勇気はナイので、ここはマリを利用。
「じーさん、じーさん、じーさん!(今度は大声)おじーちゃーん!」
「うわっ。byおじいちゃん もう起きたんか。おそろしーやっちゃ。今何時??」
「3時。予定通りでしょーが!パピー起こす前におじいちゃんのが起きてくれやすそうだから〜」
「なるほど、なるほど。(まだベットでゴロゴロしてる)」
ダダダダダダダッーーーー(階段降りる音)テカタンカタンカタン(マリが降りる音)
「おとーぽん!(パピーのあだな)おとーーー!3時だよー!」
「はいはーい起きます。」


まだまだ眠そうなマリにハーネスとリードをつけて、一足先にガレージの前で散歩。
もちろん外は真っ暗。人の気配が全くないほど静かです。
10分経過ーーーー
「さぁ、マリちゃん!地獄の車でっせ!」byおじーちゃん
嫌がるかと思いきや意外をすんなり車に乗ってくれました。いつもはケージに入れるのですが今回は荷物が多すぎるためそのままイスに座ってもらう事に。案外それが良かったのかなぁ。
っというわけで出発進行!!!いざ山梨へ!

・・・・・・・・・続く・・・・・・・・・