読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノーベル賞の季節

「原子力発電は感心しません。放射能の怖さをもっと認識してもらわないと。平和利用、平和利用と言うが、そんなに生やさしいものではありません」
湯川秀樹

ノーベル賞の季節になった。IPS細胞の山中博士や村上春樹氏が期待できそうとのこと。上の言葉は、日本人初の受賞者、湯川秀樹博士。まるで今回の震災原発事故を予見しているかのよう。