読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

富士スピードウェイ耐久(チャリ)

走る

 富士スピードウェイはチャリで走ると、ほとんど峠である。
 前半は時速60kmで下りつづける。
 後半は一転、つづら折りの上り坂。これがきつい。
 以前、ここでの100km耐久と200km耐久をソロで走ったことはあるが、今回は200kmを40代3人のリレーで参加。ところが1人が直前で出られなくなり、けっきょく2人でまわすことに・・。


ひろびろピットはコースを映し出すモニタもついている。さすがF1仕様。


20代チーム、30代チーム、40代チームの第1ライダーたちがスタート地点にむかう。


2000人が参加しているとのこと。


スタート。



僕のチャリはもう7年目になる。すっかり旧型であるが、愛情が深いので美しい。

奥のピンクヘルメット、ピンクジャージ、ピンクパンツ、赤シューズが僕である。チャリのホイールが出場車のなかでも、いちばんセクシーだったと妻にほめられた。走りの方は、「あれってサイクリング?」と酷評。


なんとか200km達成。