読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週のお題「私のともだち」

みなさん、こんにちは! koyari です!♪ 
天気予報を見てる限りじゃ段々と町も
暖かくなってきたもよう☀ 
あとひといきで春も到来ですね!
とはいえ、夜も朝もまだまだ冷え込み.....噂じゃインフルも
再び流行りだしたとか....いやぁ怖い怖い。
さて、ここ最近ブログを書いていなかったのですが
今週のお題は『私のともだち』とのこと。
またずいぶん深い内容に触れてきてくれました笑w
今回は長くなりますが、ぜひ読んでみて下さいね☆
過去をさかのぼってしまいますが
koyariは小学校の頃、この小田原へやってきた
いわば「転校生」でした。
転校というと友達も全て離ればなれになるどころか
全く知らない町で全く知らない子供達との生活。
それだけ聞くと、だいぶ「不安だったろうねぇー。」
と感じちゃいますが.....まぁ小学校低学年、しかもkoyariのことです。
今だから言える事かもしれませんが、なんら問題なかったと思います笑w
小田原にきて、始めての学校の日のことをまだ覚えてますが、
koyariはそれはそれは同一人物と思えないくらい
元気っ子でした....
実はkoyariは、小田原に来る前の7年間
おじいちゃん(ブログで何回か紹介した市原家のシンボルです!)
が住んでいる千葉県に暮らしていました。
それもおじいちゃん家のすぐ近くで。
千葉の小学校に入学した時から、
koyariはみんなから1人取り残されたように
恐ろしく泣き虫で極端に内気でした。人と話す事は大好きだし
保育園にいるときはいつも悪ガキのチビボスみたいに、
みんなをしきっていたのに....
誰として知り合いがいない、お母さんもいない、そんな小学校が
ものすごく怖かったんです。
生まれ育った千葉の小学校ではそんなにも溶け込めなかった
koyariなのに、なぜか始めての小田原という地の小学校で
たった1日で沢山の友達を作ることができたんです。
今じゃぁそのkoyariも中学2年生、今年に3年生になりますが....。
でも、1つ。 泣き虫だったkoyariが1回だって泣かずに
低学年を終えれたのは、確実な理由がありました。
それは、小田原の子供達が本当にやさしくて
本当に親切にしてくれたからじゃないかと思います☀
その頃からよくケンカをしていた子は......
今じゃ一生もんの大親友と共に私の人生を支えてくれてます。

3年生になってイジメられたり、イジメ返したり
泣きながら嫌い合っていた子は......
今、一緒に学校生活を送っている必要な「ともだち」であり
親友です。

5年生のとき、ホンキでケンカをしてバトっていた子は.....
koyariにとってなくてはならない、大切な存在であり
恋愛の悩みだって第1に言える親友です。


そんな恵まれた環境と、最高の仲間がいてくれるだけで
koyariは本当に幸せです!!