読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漁師の料理

娘が中学の修学旅行で京都に行ってしまい、家がしんとしている。
イトヨリ鯛で一夜干しを製作中。


後ろに見える海が、わが漁場(りょうば)。


名古屋のおおいくんが土産にもってきてくれた日本酒と、真鯛のカルパッチョ



グロテスクな顔のマゴチだが、身は透き通るように引き締まり「夏の河豚(ふぐ)」とも称される高級魚。さばくのは難しかったが、身がたっぷり詰まっている。

天然の真鯛の宝石のようなアイシャドウ。

僕の漁の師匠は2kgのマハタを上げた。しゃぶしゃぶが合う高級魚である。


マゴチの薄造りと真鯛のカルパッチョ
薄造りといいつつ、包丁さばきがへたくそで、けっこう厚切り。
娘曰く、「マゴチを食べると、タイはふつうの魚に思える」


マゴチのアラを煮込むと、見るからにコラーゲンたっぷりの黄色い浮き汁が出ていたので、思わずスーパーにニンニクと白ワインを買いに走り、ブイヤベースにした。