読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

娘が放つ刺客

 さいきん、細君のまわりで異変が起きている。
 娘がひそかに刺客(コマンドー)を送り込んでいるのだ。
「今朝はここにいた!」
 細君がクローゼットの中を指さして笑っていた。
 最初は机の上に置いてあっただけだったのが、このところは思わぬところに潜んでいることがある。
 もうすぐ高校生になるというのに、おかしな娘である。