読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽっかり穴のあいた乙女心

小田原では祝祭の3日間が終わり、
のぼりや提灯で彩られ、法被、半纏姿の人々が練り歩いて国道も、
朝起きると日常の景色にもどっていた。

娘は窓の外を見て、ぽつり。
「1号線がふつうの道になっちゃった」

ぽっかり心に穴があいたような感じだと言っていた。

娘の友だちは、朝いちばん、家の外に出て、通りに渡された白いひもが残っていないか見てみたそうだ。
祭りのあいだ、神輿が通るところには、路地の奥にまでは白いひもが張り巡らされていた。

「ちょっと泣いちゃったよ」
 と思い切って告白した娘に、友だちも、うん、わたしも、と言った。


f:id:cippillo:20130506170205j:plainf:id:cippillo:20130506170206j:plainf:id:cippillo:20130506170203j:plainf:id:cippillo:20130506170204j:plainf:id:cippillo:20130506170201j:plainf:id:cippillo:20130506170202j:plain