読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空撮デビュー(動画つき)

f:id:cippillo:20131007155847j:plain

会社から「空撮事業」テスト運用の許可が出た。
43歳にしてラジコンヘリ(マルチコプター)デビューである。

朝ドラ「あまちゃん」の、あの不思議なオープニング映像もマルチコプターによる撮影だとか。
実際の事業空撮には、操縦者登録や保険、警察の撮影許可などハードルは高い。
ラジコンは学生の時にエンジンカーで遊んだぐらいの経験しかない。とはいうものの、カメラも含めての機材一式が10万円程度になった今、やってみようということである。
会社に言われたのは、「まあ、遊んでみなはれ」という指示である。

空撮といっても動画の場合だと、ヘリの操作技術だけでなく、「ジンバル」というブレ防止とカメラ姿勢制御のスタビライザーが必要で、これが機体より高価だったりするので、まずは手がたいところでに静止画から。


機体はDJI社製のPHANTOMという4枚プロペラの電動マルチコプター。カメラは同機に標準搭載できるGOPRO HERO3シルバーエディション。

f:id:cippillo:20131007160232j:plain

なんせ何かを飛ばしたことがあるといえば紙飛行機ぐらいなので、不安はもちろんだったが、GPSとジャイロによる自動制御システムを搭載しており、何も操作しなければ同位置でホバリングしてくれるほか、万が一、電波や操作に問題があっても、離陸した場所に自動帰還してくれる機能もついている。

人のいない広場を探して10分×3本の離着陸練習。1回10分なのはバッテリー容量のため。標準装備の1本と予約特典でおまけしてもらった1本と、さらに追加で1本買ったので3本。
3本を充電するのに3時間ぐらいかかるから、1セット30分の練習となる。

意外なことにカンタンに飛ばせた。技術の進歩はすごい。中国製である。中国のテクノロジーに日本人が感激する時代が来たのだ。

f:id:cippillo:20131007160233j:plain


夕方に出直して、もう1セットの練習。
今度はカメラを搭載。
セルフタイマーを使い10秒ごとにシャッターを切る設定とし、離陸。

とりあえず真上に飛ばしただけだけど、カメラの角度とか分からないので、ローターが写り込んだり。飛行訓練を兼ねながら、少しずつセッティングをつめていくつもりである。
それにしても、ラジコンヘリなど触ったことがない人間が、モノが届いた初日から空撮までできてしまうのだから、すごい時代である。

機体:DJI社製PAHNTOM(ファントム)
カメラ:GOPRO HERO3シルバーエディション
送信機:フタバ社製TJ8


【GoPro NIPPON国内正規品】 GoPro HERO3 シルバーエディション[CHDHN-301-JP

【GoPro NIPPON国内正規品】 GoPro HERO3 シルバーエディション[CHDHN-301-JP