Dトラッカー125の記録簿

ヘッドライトバルブ交換

2017-11-10(10,136km)
なるべく純正のままで運用したいDトラ125であるが、純正ライトはなんとも暗い。いわゆる行燈(あんどん)ライトというやつだ。
若いときなら気合いでいけたんだろうけど、加齢のせいで夜はほんとうに目が見えない。できるだけ夜は乗らないようにしているものの、どうしても夜走りをしなければならないときもある。
かといってHIDやLEDの白い光も飽きた、というか、行燈のような暖かい光の色味がほっと落ち着くようになってきたこともあり、ハロゲンのままで、できるだけ暖かみのある色で明るいバルブを探したところ、4300Kあたりがいいかなと。
また、未舗装路もよく走るので、「OFF ROADにも」と謳う振動対策にも釣られてこの商品に。

f:id:cippillo:20171110193529j:plain
視認性も高く落ち着きのある色味の4700K。

結果、色味はやさしいまま、ただの行燈から「光軸」と「照射」を感じる力強い光が得られた。とはいっても若いころのように、夜走りでしゃきっと前が見えるほどではないが、ロービームとハイビームもしっかり切り替わる感じも出て、それぞれ照射範囲も広がり格段に見やすくなった。
交換で工具が必要なのはボルト二本だけ。15分ほどで交換が完了。

f:id:cippillo:20171110193533j:plainf:id:cippillo:20171110193532j:plain
f:id:cippillo:20171110193530j:plainf:id:cippillo:20171110193531j:plain


空気圧調整

2017-9-30(9,970km)
ハンドルがやや重く感じたので空気圧を調整。けっこう抜けていた。導入して三ヶ月。二ヶ月に一度はエアーをチェックした方がよさそうだ。

f:id:cippillo:20171001180437j:plain

それにしても、電動も含めいろいろなポンプを試してきたが、なんのことはない、この安価で軽量なパナソニック社製の樹脂ポンプがいちばん! 空気を入れるのも、とにかく軽いし、これひとつでオートバイ、クルマからロードレーサー(仏式バルブ)、ママチャリ(英式バルブ)もぜんぶ対応。
空気圧調整後、操安性がすごくよくなった。

テスト遠征岐阜300km

2017-8-4
はじめて車中泊を兼ねた試験遠征。もっとも懸念していた尻痛も問題なく、二日間で300km超。スコールのような土砂降りもあったが、素晴らしい安定感だった。プラグ交換も良い結果が出た。

f:id:cippillo:20170812100612j:plainf:id:cippillo:20170812160419j:plain

スパークプラグ交換

2017-7-22
KLX125に乗っていたとき、プラグの劣化でエンジンがふけなくなった経験があるので、同じエンジンのDトラッカーも早めに交換することにした。
とりあえず定番のイリジウム。スタンダードの3倍以上の値段だけの効果があるのかは分からないが、明らかに低速のトルク薄さによるノッキングがカイゼンした。
これはひとえにイリジウムの恩恵というより、もとのノーマルプラグが劣化していたせいかも。
いずれにしても、気持ちいい。1700円。

f:id:cippillo:20170726123731j:plain
f:id:cippillo:20170726123732j:plain

納車

2017-6-17
PCX150とKSR PROの二機を下取りに、9,000kmを越えたDトラッカー125の中古車を導入。事実上の交換でお釣りがきた。
かつてボディ・エンジン共通のKLX125を5年も愛用していた経緯もあり、もとの鞘におさまった感じ。

kaizen.hatenablog.com

f:id:cippillo:20170726123735j:plain