読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10年前の今日は。

時事

f:id:cippillo:20160203180029j:plain

2006年2月3日は、初めて水彩絵の具を導入した日でした。
今年、水彩画10周年ということで、好きな色だけをバラ売りでチョイスしたマイセットで絵の具を新調。英国名門のウィンザー&ニュートン社と、緑系の発色が美しいラウニーをまじえながら国産のホルベイン社製を中心にそろえました。

f:id:cippillo:20160203180034j:plain

発色をひとつひとつ確認しながら、用途にあった色を買い足し、持ち運び用にも自分で厳選した12色セットもつくりました。(下写真)奥に見えるのは10年たった初心者用絵の具。あまり減ってませんね。これは娘か姪にあげることになるでしょう。

f:id:cippillo:20160203180033j:plain

プロ用の水彩絵の具は一色の色の大きさがブランドにかかわらずほぼ同じなので、サップグリーンはラウニー社、セピアはウィンザー社、といったふうに自分の好みの色ごとにメーカーを選んでパッケージングできるのがいいですね。
ただ、専門家用水彩絵の具は、ぱっと見た目の色がイメージしにくい欠点があります。これは配置を工夫したり地道に色見本を自分でつくりながら覚えていくしかないようです。

f:id:cippillo:20160203180035j:plain

作った色見本を机の横に立てかけています。色の位置を置き替えるたびに色見本も作り替えます。作風の成長につれ、使う色も変わってくるし、使う色が固定化してきてしまうので、新しい空気を入れるためにも色見本の作り替えはなかなか有効なのです。
10年前に買ったホルベイン社製の初心者用水彩絵の具は、価格も安く、蓋の裏側のパレットがホーロー製で耐久性もあり、何より、ぱっと見たときに色のイメージがしやすく、色の名前まで絵の具の横に印刷してくれているので、最初にこれに出会えてよかったと思います。さすがロングセラー商品。今も現行品として買えます。

上は透明水彩ですが、不透明水彩の24色セットというのもあるんですね。不透明水彩も、部分部分で使ってみたいと思っているので欲しくなってしまいました。

筆とペンも10年選手。

最近は下絵を鉛筆で描いたり、筆ペンで描いたり、そもそも下書きをしなかったり、あまりこだわっていませんが、絵を描くのががぜん楽しくなったのは、ピグマグラフィックスと出会えたおかげといっても過言ではありません。

f:id:cippillo:20160203180031j:plain

これもロングセラーで現役で購入できます。10年前はNOUVELというブランドでしたが現在はサクラクレパスになっていますね。ただ製品は見た目も中味も同じようです。
0.1、0.2、0.3、0.5、0.8をよく使うので太さごとに縦型のペン立てに入れています。ペンキャップの先に記されている太さの表示が見えるので重宝です。

f:id:cippillo:20160203180036j:plain


筆も10年前と同じものを10周年ということで買い足しました。
これもロングセラー商品ですねえ。筆も10年でいろいろ試しましたが、最初にちょっとがんばって買ったこの筆がいちばんしっくりきました。とはいっても、この筆より高価なものは、まだ使ったことがありません。

f:id:cippillo:20160203180032j:plain

ナムラ筆  特選 東紅 大

ナムラ筆 特選 東紅 大


ということで10年たちました。早い早い。

f:id:cippillo:20160203180030j:plain

10年前の師走

趣味のオートバイク

f:id:cippillo:20151222124206j:plain

トレンクル10周年!


f:id:cippillo:20151222124207j:plain

10年前のオートバイ(上)と今のオートバイ(下)。

f:id:cippillo:20151222124208j:plain

KSR PROの記録簿

趣味のオートバイク

鎌倉ツーリング。

2015-11-21
f:id:cippillo:20151121140935j:plain
KSRの妻とベンリィで。110km。

箱根・韮山ツーリング。

2015-11-12
f:id:cippillo:20151113124048j:plain
妻はアンコ抜きシートと合わせて、ベタ足の安心感がかなり気に入ったようだ。僕はノーマルシートが欲しい。

能登半島と新潟遠征。

2015-11月
f:id:cippillo:20151113194658j:plain
200kmほど走行。ハイエースに積んでいると、キャブ車なのでガソリン臭い。

f:id:cippillo:20151113124029j:plain

初走り知多半島

2015-10-25
f:id:cippillo:20151113124044j:plain

走行400kmの中古で2014年式を購入。カスタムミラーとアンコ抜きロングシートとトップケースつき。ひさびさのキャブ車である。
現場でグリーンのリムシールを貼った。テンション↑。

f:id:cippillo:20151113124047j:plain


kaizen.hatenablog.com

ベンリィの記録簿

趣味のオートバイク

リヤタイヤ交換。4,910km

2015-11-20
f:id:cippillo:20151120185924j:plain
亀裂が入っていた中国製の純正タイヤをIRC製に交換。
110/80/10という特殊タイヤのため取り寄せ。メーカーも指定できず。工賃もろもろで1万円ほど。
f:id:cippillo:20151120185922j:plain

オイル交換。4,900km

2015-11-19

箱根・韮山125km

2015-11-12
f:id:cippillo:20151113124049j:plain

バックレストを装着し、妻とツーリング。

f:id:cippillo:20151113124050j:plain

三浦半島230km

2015-10-15
f:id:cippillo:20151014082749j:plain
ホンダのホームページを見たら新型のベンリィが出ていた。50CCの方は水冷化されたようだが110は空冷のままだった。カラーバリエーションが減ってしまい、スタイルも旧型の方が好き。

箱根55km

2015-09-30
f:id:cippillo:20151001200327j:plain
エンジン好調。さわやかな秋晴れに誘われ朝の箱根に。芦ノ湖は外国人ばかりで、なんとなく自分だけが異邦人みたいな気がした。

東京250km

2015-09-7
エンジン好調。ひさびさの都内への通勤バトル。ほんとうに原付二種が多い。それにみんな速い。とてもついていけないので、とにかく譲る。すり抜けしながら譲るというのもなかなか難しい。譲るとすり抜け渋滞をつくっていたらしく、五、六台が列をなして抜いていく。
無給油で往復250kmも走ってしまった。

タンデムツーリング

2015-08-23
f:id:cippillo:20150823134605j:plain
妻と小一時間ほどタンデムツーリング。みかん畑を縫う農道でヒルトンまで行った。台風による大波がすごかった。

4,000kmを越える

2015-08-19
この夏場は暑かったから、ちょこちょこベンリィを出した。それがほんとうに暑かったことが関係あるのか分からないが、とにかく暑い夏だった。東京では140年の観測史上、はじめて5日を越えて猛暑日になったとニュース番組が騒いでいた。記録は6日か7日かで途切れたが、そんなに遠からぬうちに新しい記録に塗り替えられることだろう。
ジェットヘルメットでさえ暑さで顔が汗だくになった。そこで透明のひさしつきの半キャップを5千円で買った。なかなかの買い物だった。
猛暑日が途切れ、ほっとひと息ついたら、甲子園はいつの間にか準決勝になっていた。
使わなくなった釣り具を中古釣り具店に売ろうとベンリィを走らせた。距離計が4千キロを越えた。ガソリンを満タンにした。

湯河原32km

2015-06-25
f:id:cippillo:20150629213921j:plain
湯河原の取引先までお中元を届けに行った。取引先の社長もモンキー乗りだと知った。

アイリスボックスの積み替え

2015-06-08
f:id:cippillo:20150608164806j:plain
元の大きなボックスに積み替えた。
やはりこの大きさがないとベンリィの持ち味がでない。荷台のすべり止め用のチューブゴムを二本、新品追加。後ろ側のゴムが劣化しているので、遠からぬうちに交換した方がよさそうだ。
このオートバイクも満二年。メッキパーツなどからヤレてきた。それにしても、この半年で100kmしか乗らなかった。

f:id:cippillo:20150608164805j:plainf:id:cippillo:20150608164807j:plain

ハイエース搭載訓練

2015-05-30
ハイエースに搭載し、小田原〜松戸を往復。
松戸では、コンビニまで2km走行。
タイダウンは前後、1本ずつでよさそう。

娘と。

2015-04-30
タンデムで悪評の高い根府川の新設信号機を見に行く。
へらぶな釣り用の低反発クッションがタンデムシートとしてぴったりフィット。
10km。

f:id:cippillo:20150430212005j:plainf:id:cippillo:20150430212008j:plain

メンテ乗り

2015-04-17
うわあ、気がついたら一ヶ月以上乗ってないや。
でもセル一発エンジン始動。いい子だねえ。
メンテ乗りでちょっと遠回りでスーパーへ。軽く拭き掃除。
3km。

メンテ乗り

2015-03-07
メンテ乗りでスーパーへ。
1km。

f:id:cippillo:20150307164322j:plain

発見

アイリスボックスのこの場所にゴムバンドのフックがあるとは知らなかった。
f:id:cippillo:20150307164329j:plain

艦載で房総と三浦半島

2014-1-18
100kmほど。

オイル交換。

2014-11-14
WAKOSをおごった。昔のオートバイ乗りなので。
f:id:cippillo:20141114192450j:plain

2013年5月、中古で購入。

販売歴50年以上のロングライフデザイン。

時事

「ものを新しく作らない」ロングライフデザインのアイテム群。

半世紀、つまり50年間売られつづけている定番商品を中心に品揃え。
また日本各地の地方にもフォーカスし、その土地の風土や歴史から掘り起こし、ものづくりや商品に結びつけていく姿勢が素晴らしい。

f:id:cippillo:20151116161826j:plain

また、デザインリサイクルと称し、廃材や廃家具を利用した商品も。上の写真はモンキーの廃シートを利用したスツール
個人的には加熱のみに機能を絞って、インターフェイスはダイヤルひとつだけ、かつ、堅牢なステンレス材の業務用電子レンジを販売してほしい。家電販売店では、余計な機能や複雑なボタン類が並んだ商品ばかり。どうして至極シンプルな選択肢がないのか。

www.d-department.com

ダム見学の正しい姿勢。

妄想画報

f:id:cippillo:20151020115543j:plain
f:id:cippillo:20151019122200j:plain

長野県の小渋ダムの看板でした。


bunbun.hatenablog.com