読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベンリィの記録簿

趣味のオートバイク

メンテ乗り 6,529km

2016-08-08
近所をメンテ乗り。アルミケースの白錆がけっこう目立つ。少々こすっても錆が落ちない。
f:id:cippillo:20160809122834j:plain

プラグ交換。6,118km

2016-6-24
中速域のもたつきがけっこう改善された気がする。

オイル交換・自賠責更新。6,110km

2016-6-20
最近、エンジンのかかりがよくない。オイル交換と合わせてプラグ交換をしようとしたが在庫切れ。自賠責は2年更新。

リヤタイヤ交換。4,910km

2015-11-20
f:id:cippillo:20151120185924j:plain
亀裂が入っていた中国製の純正タイヤをIRC製に交換。
110/80/10という特殊タイヤのため取り寄せ。メーカーも指定できず。工賃もろもろで1万円ほど。
f:id:cippillo:20151120185922j:plain

続きを読む

KSR PROの記録簿

趣味のオートバイク

メンテ乗り。

2016-08-07(2,635km)
近所をメンテ乗り。交換したリヤタイヤ、チェーンともに快調。
f:id:cippillo:20160809122835j:plain

リヤタイヤ、ミラー、チェーン交換。

2016-07-03(2,600km)
f:id:cippillo:20160704144217j:plain

ブロックタイヤを装着。詳細はカイゼン生活ブログで。
kaizen.hatenablog.com

オイル交換とチェーン引き。

2016-04-26(1,645km)
f:id:cippillo:20160426215710j:plain

待望のKSR後継マシン、Z125が発売されましたね。娘も卒検合格したのでいっしょに見に行きました。しかし娘はまったく興味なさそう。少しでも欲しそうな顔をしたら、娘を口実に・・なんて目論見は撃沈。
今や旧型となってしまったKSR PROを乗り続けるということで、オイル交換と合わせて、のびていたチェーンを調整。エアー調整。
それからGIVI社製のかっこいいアルミ製トップケースですが、やはり重すぎてバランス悪かった。娘が乗ることになるので、気楽に乗れるよう元の汎用のプラスチック製に戻した。

kaizen.hatenablog.com

続きを読む

モンキーの記録簿

趣味のオートバイク

メンテ乗り。 6,319km

2016-08-07
暑い夏も快調です。
f:id:cippillo:20160809122836j:plain

オイル交換 5,972km

2016-06-04 
合わせてタイヤのエアーチェック、エアフィルターの掃除。
f:id:cippillo:20160604152550j:plain

しまなみ海道

2016-05-24 
f:id:cippillo:20160604152547j:plainf:id:cippillo:20160604152546j:plain

小豆島に渡航

2016-05-23 
f:id:cippillo:20160604152549j:plainf:id:cippillo:20160604152548j:plain

続きを読む

10年前の今日は・・P3カーボン投入。

f:id:cippillo:20160704151938j:plain

直立した翼断面のシートポストの先鋭さ。あまりのインパクトに卒倒しそうになったサーベロP3カーボンを導入した日でした。
その後、現在のエアロバイクに至る道筋をつけたエポックメイキングな名車ですが、もうレトロマシンの香りが。
納車翌週に富山のトライアスロン大会に投入。豪雨でバイクパートをカットするかスタート直前まで大会側の判断を待ち、この自転車にとってはいきなりの雨デビューとなりました。

f:id:cippillo:20160704151933j:plainf:id:cippillo:20160704151934j:plainf:id:cippillo:20160704151935j:plainf:id:cippillo:20160704151936j:plain

かるがもツアー

趣味のオートバイク

f:id:cippillo:20160508161326j:plain

親子三人での初ツーリング、名付けて「かるがもツアー」。
GW初日は、近所をぐるぐる走り、国道デビューまで父母で前後を囲んで千鳥走行20km。

二日目は、近所の峠を体験。シフトダウンと急制動が苦手のようだったので、近くの公園で急制動の練習。
父みずから身を投げ出しての、本気の急制動トレーニング。まじ轢かれるかと思った。
走行50km。

f:id:cippillo:20160508161325j:plain


三日目。本格的な峠と、ちょっとだけ渋滞すり抜けも取り入れて実戦メニュー。箱根、芦ノ湖修善寺へ。舗装林道も体験。走行160km。

f:id:cippillo:20160508161327j:plain


四日目。四車線バイパスで安全確認をしながら交通の流れに乗るメニュー。本格的な渋滞すり抜けも含めて三浦半島一周。最後にスクーターの練習を行って全メニュー卒業。150km。
四日間で380kmのかるがもトレーニングでした。
あとは実戦を積んで、いろいろ勉強してもらいましょう。

f:id:cippillo:20160508161328j:plain

10年前の今日は。

時事

f:id:cippillo:20160203180029j:plain

2006年2月3日は、初めて水彩絵の具を導入した日でした。
今年、水彩画10周年ということで、好きな色だけをバラ売りでチョイスしたマイセットで絵の具を新調。英国名門のウィンザー&ニュートン社と、緑系の発色が美しいラウニーをまじえながら国産のホルベイン社製を中心にそろえました。

f:id:cippillo:20160203180034j:plain

発色をひとつひとつ確認しながら、用途にあった色を買い足し、持ち運び用にも自分で厳選した12色セットもつくりました。(下写真)奥に見えるのは10年たった初心者用絵の具。あまり減ってませんね。これは娘か姪にあげることになるでしょう。

f:id:cippillo:20160203180033j:plain

プロ用の水彩絵の具は一色の色の大きさがブランドにかかわらずほぼ同じなので、サップグリーンはラウニー社、セピアはウィンザー社、といったふうに自分の好みの色ごとにメーカーを選んでパッケージングできるのがいいですね。
ただ、専門家用水彩絵の具は、ぱっと見た目の色がイメージしにくい欠点があります。これは配置を工夫したり地道に色見本を自分でつくりながら覚えていくしかないようです。

f:id:cippillo:20160203180035j:plain

作った色見本を机の横に立てかけています。色の位置を置き替えるたびに色見本も作り替えます。作風の成長につれ、使う色も変わってくるし、使う色が固定化してきてしまうので、新しい空気を入れるためにも色見本の作り替えはなかなか有効なのです。
10年前に買ったホルベイン社製の初心者用水彩絵の具は、価格も安く、蓋の裏側のパレットがホーロー製で耐久性もあり、何より、ぱっと見たときに色のイメージがしやすく、色の名前まで絵の具の横に印刷してくれているので、最初にこれに出会えてよかったと思います。さすがロングセラー商品。今も現行品として買えます。

上は透明水彩ですが、不透明水彩の24色セットというのもあるんですね。不透明水彩も、部分部分で使ってみたいと思っているので欲しくなってしまいました。

筆とペンも10年選手。

最近は下絵を鉛筆で描いたり、筆ペンで描いたり、そもそも下書きをしなかったり、あまりこだわっていませんが、絵を描くのががぜん楽しくなったのは、ピグマグラフィックスと出会えたおかげといっても過言ではありません。

f:id:cippillo:20160203180031j:plain

これもロングセラーで現役で購入できます。10年前はNOUVELというブランドでしたが現在はサクラクレパスになっていますね。ただ製品は見た目も中味も同じようです。
0.1、0.2、0.3、0.5、0.8をよく使うので太さごとに縦型のペン立てに入れています。ペンキャップの先に記されている太さの表示が見えるので重宝です。

f:id:cippillo:20160203180036j:plain


筆も10年前と同じものを10周年ということで買い足しました。
これもロングセラー商品ですねえ。筆も10年でいろいろ試しましたが、最初にちょっとがんばって買ったこの筆がいちばんしっくりきました。とはいっても、この筆より高価なものは、まだ使ったことがありません。

f:id:cippillo:20160203180032j:plain

ナムラ筆  特選 東紅 大

ナムラ筆 特選 東紅 大


ということで10年たちました。早い早い。

f:id:cippillo:20160203180030j:plain