読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめの本

もうすっかり冬の風.....。外へ出かけるたびに、そう思います☆
だってもうすぐ11月ですもんね。

そんな中、またまたオススメの本を紹介したいと思います。ぜひ興味があったら読んでみて下さいね。くらうん

その1『宇宙への秘密のかぎ』

宇宙への秘密の鍵 (ホーキング博士のスペース・アドベンチャー 1)

宇宙への秘密の鍵 (ホーキング博士のスペース・アドベンチャー 1)

スティービン=ホーキング
この本が出版されたのは、何年か前にもなりますが今でも変わらず多くの人に人気のこの物語。字を書く事ができなくなったスティービンさんが、娘のルーシーさんと共に書いた「ある少年」の話です。分厚い本2冊分にもおよびますが、とてもおもしろいですよ♪

その2『カポネカポネチ』

カポネ・カポネち (カルト・コミックス)

カポネ・カポネち (カルト・コミックス)

小野まゆら
実話をもとに描かれたマンガ、「カポネカポネチ」。当時、人気がなく飼っている人が少なかったブルドック。そんなブルが何もできなかった「おデブ女子高校生」のお家へやってきます。ギャグ満載で子供に分かりやすいので、読んでておおうけです。最後は号泣(泣)

その3『24の瞳』

二十四の瞳 デジタルリマスター2007 [DVD]

二十四の瞳 デジタルリマスター2007 [DVD]


二十四の瞳 (角川文庫)

二十四の瞳 (角川文庫)

壷井栄
小さな島、小豆島を舞台に描かれた先生と12人の生徒の物語。ずいぶん昔の話なので言葉が、ちょぉーっとよく分かりませんが、読んでてとてもワクワクします♪