読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明暗を分けた男子五輪代表の眉

突き抜け語録

忘れられた元エース、皆川の劇的復活。4年後は32歳になるが「年寄りになるけど、バンクーバーまではやりたい」。今度は、アルペン人生の完走をかける。
(朝日新聞)

 思えば五輪でスキージャンプでメダルを獲得したフナキさんが表象台にのぼったときから、男も眉剃りの時代かと論争がはじまり、トリノでは、眉剃らないとだめなんじゃないかと思うぐらいに普通になった。
 僕もいつかは眉剃り、時代の風にのって細眉と思うままずるずると今日に至っていたが、「ミナガワ、だれそれ?」という感じでいきなりメディアの脚光を浴びた男子アルペン回転の皆川さん。
 トリノ男子陣の不振低迷のなか、4位入賞は50年ぶりの快挙。その皆川氏の太い眉がまばゆい。