読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイリスボックスは資産ではないか。

f:id:cippillo:20150227071450j:plain

実家の車庫から古いアイリスボックスを引き取ってきた。
このボックスはかれこれ6年前の軽商用車旅で使ったのを最後に車載用の役割を終え、実家の車庫でストッカーとして使っていた。

f:id:cippillo:20150227075119j:plain

これまで乗ってきた中で、いちばんいいクルマだった。マニュアル軽商用車エブリィ。そういえば先日、このクルマがフルモデルチェンジしたとか。

f:id:cippillo:20150227075121j:plain

下北半島をまわり、この小さいクルマで家族三人で車中泊したものである。酸欠で窒息しそうになったり。

クルマ専用から、アウトドアで、インドアで。

f:id:cippillo:20150227085354j:plain

けっきょくシンプルであること、汎用であること、と考え、アイリスボックスを中心に人生を組み立てる。アイリスボックスでシステム化すれば、夜逃げもスタイリッシュに。

f:id:cippillo:20150227071449j:plain

アイリスボックスの最高傑作はオートバイ用としてブレイク。

オートバイもアイリスボックス三昧である。

上の70リットルタイプは現在は倉庫用として活躍。かわりにオートバイには密閉タイプの鍵付きバックルタイプを搭載。これは全国のスーパーカブ、ベンリィ乗りをはじめ絶大な支持を集めた傑作中の傑作商品。天板の微妙なカーブなど細部の造作が、アイリスボックスの中でもいちばん出来がいい。

子へ孫へと受け継がれるアイリスボックス。

シンプル、汎用を追求するとき、家で、クルマで、倉庫で、アウトドアで静かに活躍するアイリスボックスは、脚立や銀閣や中華鍋とならび生涯にわたり、さらには子へ孫へと引き継がれていく資産といえる。


エブリィでの経験をもとに、ハイエースにおける活用想定。
f:id:cippillo:20150213193723j:plain


f:id:cippillo:20150227082024j:plain
HD60に空撮機材。おおー、ぴったり。ちょっとスキマがもったいないけど。


f:id:cippillo:20150227082025j:plain
HD60にイワタニの傑作カセットコンロは、ちょっと収まりがわるい。

ボックスという単位でアクティビティをセグメント化する。とかいって。

f:id:cippillo:20150227071450j:plain

現在、手持ちのボックスはHD60、HD80に定番中の定番であるRV60。これらが盤石のボックスであることに疑いはないが、いま、注目しているのが密閉型のステンレスバックルをそなえたRV700。
幅70センチで高さが40センチ弱。それでいて天板の耐荷重が80kg。テーブル、椅子、ベッド台として使える。
またストレージとしての62リットルの容量はパタゴニアブラックホールダッフルバッグとほぼ同容量で目的ごとのパッケージングにぴったり。(40リットルは何かの一式を入れるにはやや少ない印象)

f:id:cippillo:20150227084221j:plain



kaizen.hatenablog.com