読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人類最強の走る民族「タラウマラ族」

ランニングシューズは、適切に走るための技術を製品化したものだけど、実際にはシューズのせいで足が何かほかの動きをすることになっている。それが原因でけがをする。このことに気づいて、シューズを脱いだら、足の痛みはさっぱり消えたんだ。マラソンラン…

道の駅 全国1005駅のオールカラーガイド

遠征では車中泊がほとんどなので、このガイドブックはありがたい。driver (ドライバー) 道の駅ハイパーガイドブック2013 2013年 06月号 [雑誌]出版社/メーカー: 八重洲出版発売日: 2013/04/17メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る

毒カワイイの類似性

川島小鳥のロングセーラー「未来ちゃん」と、奈良美智の「にらみ少女」に共通する毒カワイさ。 毒があってカワイイと思うのは、少なくともその表情にウソがなさそうに思ってほっとする現代日本人の屈折した思考回路があるのだろうか。 未来ちゃん作者: 川島…

魂を掻きたてられぬチャリ小説『走ル』

新聞の書評で「ただ自転車で走るというだけの小説」と見て、ガクゼンとした。 自転車でもオートバイでも自分の足でも、ただ「走る」というだけの純粋性を小説にできるとしたら、と思ってきたが、その方法が見つからないままだ。走ることの純粋性を突き詰める…

『走ることについて僕が語ること』村上春樹

僕の中に新たに生じたもの? ぴったりした言葉が見つけられないのだが、それはあるいは「諦観」に近いものだったかもしれない。100キロレースを完走することによって、大げさにいえば僕は「ちょっと違う場所」に足を踏み入れてしまったようだった。75キ…

潜水艦暮らし

潜水艦暮らしは任務ではない。信仰だ。 (ロシアの潜水艦クルスクの艦長) ロシアの原子力潜水艦クルスクの艦長が艦内に掲げていた標語。 クルスクは2000年8月に事故で沈没。115人の乗組員全員が死亡。しかし実際は艦内で生き残った23人が海底からの脱出を試…

「はだしのゲン」中沢啓治

娘が「はだしのゲン」を読んでいた。 小学校高学年のときに、高知市立図書館に入り浸ってゲンを読んだときのことを思いだしながら、娘もそんな年になったかと感慨深く手に取った。 同じ本だが、ゲンの父親の立場から読んでいる自分があった。父親が戦争反対…

『そのときは彼によろしく』市川拓治

「こういうのをユングならシンクロニシティーって呼ぶんでしょうね」 「宗教家なら神のお導きって言うだろうね」 「私なら、よく出来た偶然と呼ぶがね。実際それが世界を動かしているんだ」 父さんはそう言って、イカのフリットを口に運んだ。 良く出来た偶…

粒子でとらえる「生物」と「渋滞」

「粒子力学」というのだろうか。 生物と無生物の違いはいったいどこにあるのか? ランダムに拡散する粒子(原子あるいは分子)が結びついたもの、という観点から考えると不思議である。 鉱物だって原子という粒子の集まりであり、貝殻だってそうだ。 しかし…

『クワイエットルームにようこそ』松尾スズキ

これは、本格的だ。 今まで「絶望だ」と思っていた出来事のすべてが、「100均」に並んでいるような安物の絶望に思える。今度こそホンモノ。この孤独のコクの濃さ。密度。いやだ。考えるな。ペラペラの現実の尻尾を、つかめ! つかんで離すな! ひゃっひゃひ…

『サクリファイス』近藤史恵

旧友が本を出した。といっても執筆者ではない。 学生時代はいっしょに小説を書いて応募したりしていたが、20年近くたった今、彼は大手出版社の編集者である。 たまたま自転車に関する本だったが、僕は彼が自転車に乗っているところを見たことがない。(学生…

『無花果(いちじく)カレーライス』伊藤たかみ

陽介の父は再婚していた。子供が二人とも男で、かつ妻と別れた場合、なぜか父は父であることを放棄する。一人の男として振る舞うようになる。平気で新しい恋人の話もするし、昔ほど子供の夕食やら進学について気を遣わなくなった。 (『無花果カレーライス』…

『無花果(いちじく)カレーライス』伊藤たかみ

陽介の父は再婚していた。子供が二人とも男で、かつ妻と別れた場合、なぜか父は父であることを放棄する。一人の男として振る舞うようになる。平気で新しい恋人の話もするし、昔ほど子供の夕食やら進学について気を遣わなくなった。 (『無花果カレーライス』…

『女ですもの』内田春菊, よしもとばなな

内田「恋愛で私と同じような性分の人もよく聞くんですけど、彼氏のいない時期がないっていうのが共通点みたいで。二人目の男が現れたくらいのときに、前の人に不誠実なことが起こると、その二人目の人との関係が立ち上がってきて、で、前の人とお別れするっ…

『いい子は家で』青木淳悟

「靴がないことで出かけたと知る」 というのは断ってから外出しないことへの当てつけである。彼はたまにそういう行動を取る。遊びに行くのに「いってらっしゃい」と送り出されるのはどこか心苦しいからだ。 (『いい子は家で』青木淳悟) 『四十日と四十夜の…

『ひとり日和』青山七恵

「吟子さん、外の世界って、厳しいんだろうね。あたしなんか、すぐ落ちこぼれちゃうんだろうね」 「世界に外も中もないのよ。この世は一つしかないでしょ」 吟子さんは、きっぱりと言った。 (青山七恵『ひとり日和』) 歳は離れていても女同士だ。敵対心や…

浸透圧に冒された昼

天井に水面が映り水の夢 浸透圧に冒された昼 (小島なお『乱反射』) 新聞でたまたま知った詩人。その表現に唸った。冒頭の引用は、17歳の女子高生のときの詩である。 20歳、大学生にして初歌集を出した。 噴水に乱反射する光あり 性愛をまだ知らぬわたし (…

『風が強く吹いている』三浦しをん

「長距離選手に対する、一番の褒め言葉がなにかわかるか」 「速い、ですか?」 「いいや。『強い』だよ」 タイトルが素晴らしい。直木賞作家三浦しをんが箱根駅伝を題材に書いた長編小説。 駅伝に関してはまったく無名の大学の、陸上経験者でもない学生を含…

『Water』吉田修一

スタート台から眺めるプールの景色は絶品だ。風が作る小さな波に太陽が反射している。ボクはプールが好きだ。たぶん海よりも好きだ。プールには海が持っているような獰猛なモラルだとか、荒々しい情操がない。一言で言ってしまえば、プールは男らしくない。…

『最後の息子』吉田修一

佐和子とは一年以上付き合っていたのだが、彼女と一緒にいて居心地の良さを感じることは、結局最後までなかった。 彼女はいつも何かを追いかけていた。具体的に何を追いかけていたのかは知らないが、とにかくいつも次へ次へ、上へ上へと目を向けていた。 「…

『八月の路上に捨てる』伊藤たかみ

「あんたみたいなのは三十過ぎてから干上がるよ。包容力ないから。やっぱり大人はそこだわ」 2006年芥川賞受賞作。作者の妻は直木賞作家の角田光代。角田光代も直木賞をとるまえは、何度も芥川賞候補になったように記憶している。 20代のフリーターの既婚男…

『シャカリキ』曽田正人

Wさま 先日の部活動注魂会では、おつかれさまでした。 話題にのぼりました課題図書本、早速ご送付いただき、有難う御座います。 恥ずかしながら、第一巻のしょっぱなからいきなり大量の涙に呑まれた私は、どこか少し精神的におかしくなっているのではないか…

『脳病院へまゐります。』 若合春侑

女は男に泣かされれば泣かされる度、男のやうになつて女を棄てて行くか、もつと女を究めて行くか、少しづつ分かれて行くのかも知れない、誰かもさう云つてゐた。 懐古趣味文体で書かれた極度のマゾ女の告白という体裁。選考委員絶賛で文学界新人賞受賞作とな…

『ブエノスアイレス午前零時』藤沢周

源泉がゴボゴボ噴き出している音を聞くたびに、カザマは死んだ祖父が口にはめていた人工呼吸器の音を思い出したものだが、それすら慣れてしまった。 (藤沢周『ブエノスアイレス午前零時』) 同作で芥川賞受賞。 藤沢周は現役作家男性作家のなかでは、もっと…

『クチュクチュバーン』吉村萬壱

砂煙が晴れ、巨女が倒れた瞬間に取ったM型開脚によって露わになったその性器は巨大な挽肉器として鋭い刃がキュルキュル音を立てていたのである。問題は誰が彼女を満足させる肉棒となるかであったが、こうして彼女が倒れるたびにその恐ろしい挽肉器の前には…

『人のセックスを笑うな』山崎ナオコーラ

オレは昔、かっこよくなりたい、筋肉を付けたい、としきりに考えていたが、今はゆがみたかった。 話題を呼んだタイトルとペンネームで文芸賞デビューをし、同作はそのまま芥川賞候補になった。 タイトルとペンネームの奇抜さとは打ってかわって、作品の内容…

『ミサイルマン』平山夢明

不思議なことだが、こういうことを始めると自分に妙な落ち着きが出てきた。渋滞にはまっても昔のようにイライラしなくなったし、無理な割り込みをする奴がいても自然と譲れるようになっていた。 引用文中、<こういうこと>というのは連続殺人のことである。…

『クローズド・ノート』雫井脩介

「人類は道具を使うことによって進化したのよ。それへのこだわりがなくなったら人類じゃないわよ」 引用を駆使したタイプの小説である。そういえば今回芥川賞を受賞した作品も引用駆使タイプだそうだ。 引越し先のアパートのクローゼットで見つけた、前の住…

『ハリガネムシ』 吉村萬壱

木村氏が抱え持っている黒く汚れたサチコの小さな足裏を見た時、こいつは子どもとの別れを悲しんでいるのではなく自分の非力に絶望しているのだと分かった。健一と健二は口を開けて放心していた。『グレートハンティング』という映画で、ライオンに食われる…

『家族ゲーム』本間洋平

勉強のできる者とできない者、スポーツの得意な者と不得手な者、冗談の上手な者と無口な者、立場の違う者同士が最大に友好関係を保とうとする場合、互に無関心を装い口を利かないという暗黙の了解があったはずだ。 同タイトルの邦画(森田芳光監督)は松田優…

『肩ごしの恋人』 唯川恵

だいたいるり子は誰よりも自分が大好きな女だ。自分が大好きな女ほど、始末に悪いものはない。 女はいつだって、女であるということですでに共犯者だ。 直木賞受賞作。米倉涼子、高岡早紀主演でドラマ化。 オス化した女と、自分の欲望に忠実なメス女のふたり…

『睡眠障害〜眠りのメカニズム』 伊藤洋

アイアンマン遠征のときも、最大の悩みは不眠症。これは、ほんとにつらかった。 読んで思った。また読んでしまった。 睡眠に関する本は、不安から定期的に読んでしまう。毎回、結論はほとんど同じである。 睡眠は、1日や2日なら、とらなくても心配ナシ 眠…

『19分25秒』 引間徹

マラソンでも事前に余力を残して三十五キロ走れれば、ほぼ完走のめどが立つという。逆にそれ以上長い距離を走るのは、疲労がたまって練習計画に支障を来たすのだそうだ。「もう少しやりたい、と思ったところでやめておくんだ」フィールドの芝生に腰を下ろし…

『甲野善紀 身体から革命を起こす』 田中聡

そして、この強烈な筋緊張をともなう行為を行なうときの努力感が、自分は有効なことをしているという満足感をも生み出す。その努力こそが有害なのだとは、人はなかなか思いにくいものだ。ある程度までは実際に有効なのだから、なおさらである。 「努力感中毒…

『真鶴』 川上弘美

かたちあるものに欲情することは、少ない。少なくなった。 よろこびにつながることもあるし、えぐられるような寂しさにゆきつくことも、そしてどんなところにもゆかず、ただそこにぽかりと浮かぶばかりのこともある。どちらにしてもそれを欲情と名づけただけ…

『幸福な食卓』 瀬尾まいこ

「父さんは今日で父さんを辞めようと思う」 春休み最後の日、朝の食卓で父さんが言った。 私は口に突っ込んでいたトマトをごくりと飲み込んでから「何それ?」と言って、直ちゃんはいつもの穏やかな口調で「あらまあ」と言った。 徹底して心地よい空間がある…

『独白するユニバーサル横メルカトル』 平山夢明

タイトルにパワーを感じて読んでみた。 怒濤の圧力で腐臭が噴出する文体とディティール。激しい汚穢の世界に、しかしどこか癒しにも似た救いを感じてしまうのは、これがフィクションであるという安心感からなのか、そう感じるほどに現実の事件に疲弊している…

『父の詫び状』 向田邦子

<「真打ち」と絶賛されたエッセイの最高傑作>と評されたエッセイ。 ドラマの台本で、家族の朝食のメニューとして「ゆうべのカレーの残り」と書いて、現場の撮影スタッフや出演者を感動させたことは向田邦子の伝説のひとつになっている。そんな人の書いた最…

『素数ゼミの謎』 吉村仁

アメリカで周期的大発生する13年ゼミと17年ゼミ。 なぜ、12でもなく15でもなく、13と17なのか? 古生物学、数学を駆使した「数理生態学」。素数のもつ不思議な性質が、古代のセミを絶滅から守った。 素数ゼミの謎作者: 吉村仁出版社/メーカー: 文藝春秋発売…

『あ・うん』 向田邦子

嬉しい時、まず怒ってみせるのが仙吉の癖である。(向田邦子『あ・うん』) 昭和から平成にかけて日本が失ったもの。 父、母、戦友。 古いはずなのに、いまもって新鮮。 何千本ものラジオ・テレビの脚本で鍛えられた向田邦子の文体もまた、トップアスリート…

もう浩介のバカ

「へんな生き物」の続刊の新聞広告。 ありえない。 「うれしはずかし原色ポスターつき」とある。何がうれしはずかしなのか。そしてちりばめられたハートといい、バレンタインのお返しに! というコピー。ほんとか。 本を読んで照れあう若い男女の写真まであ…

見くだしあう愛

許しあって、油断しあって、ほんのすこしばかり見くだしあって、 ひとは初めて愛しあえるんじゃないだろうか。 (『ニシノユキヒコの恋と冒険』川上弘美) だんだん許せなくなって、油断を越えて惰性になって、もう徹底的に見くだしあって。愛。 ニシノユキ…

究極の小型カメラ

小田原という町は、お堀ばたを抜けてスーパーに買い物に行ったり、葉巻を物色しに商店街を逍遥したりするだけでも、思わずカメラを向けたくなる場所にあちこちで出会う。とっさに撮影できるよう400万画素の携帯電話つきカメラを持ち歩いているが、かなりよい…

寝床は花のように汚れて

先ごろ、皇籍を離れて降嫁した清子さまが卒業文集に記したとして安西冬衛の一行詩が話題になった。 てふてふが一匹韃靼海峡を渡つて行つた。(安西冬衛『春』) 皇籍を離れ決然と人界へひとり旅立つ気概を早くに先取していたかのようだ。しかしいくら決然と…

魔女裁判

魔女裁判のあとをふり返ってみて、しみじみ感ずることは、魔女裁判(いや、それを含めて宗教裁判一般)を一貫している「モラルの倒錯」である。そこでは、残虐、違法、偽善、欺瞞、貪欲、不倫、軽信、迷信、歪曲、衒学、・・およそ思い浮かべられる限りのあ…